教員紹介(都市工学科)

上中 宏二郎(個人のページはこちらです)
UENAKA Kojiro
  メール: TEL:078-795-3269
  • 職名
    教授  

  • 専門分野
    複合構造学,コンクリート工学,構造工学

  • 現在の研究課題と概要
    1. 中空式二重鋼管・コンクリート合成部材の力学特性に関する研究
      中空式二重鋼管・コンクリート合成部材(以下,CFDSTとする)とは,同心円上に2つの異なる径の鋼管を配置し,それらの間にコアコンクリートを充填した断面を有するものを指す.したがって,従来のコンクリート充填鋼管柱(以下,CFTとする)と比較して,軽量となる利点を有する.本研究では, 主にCFDST特有のパラメーターである内径・外径比(Di / Do)が,終局強度に与える影響について実験的に検討することを目的としている.

    2. 軽量化した鋼・コンクリート合成床版の実用化
      底鋼板にみぞ形鋼を溶接することにより,みぞ形鋼内部が中空となるため,従来の鋼・コンクリート合成床版 (以下,合成床版とする)と比較して軽量となる.本研究は,軽量合成床版の実用化を目的とした力学特性の把握を目的とする.さらに,様々な中空ジベルの直接せん断特性の把握を試みる.

    3. コンクリート充填楕円鋼管部材の終局強度
      楕円鋼管内にコンクリートを充填したコンクリート充填楕円鋼管部材(CFEST)は,河川橋脚に用いると洗掘の防止効果が得られる。本研究では,大径厚比を有するCFESTの終局強度の解明を目的とした実験的検討を行い,径厚比ならびに直径比が力学特性に与える影響について解明することを目的とする。

  • 研究業績(主要3件)

    1. Uenaka, K.(2016): CFDST Stub Columns Having Outer Circular and Inner Square Sections under Compression, Journal of Constructional Steel Research, Elsevier, Vol. 120, pp. 1-7.

    2. Uenaka, K. and Tsunokake, H.(2017): Behavior of Concrete Filled Elliptical Steel Tubular Deep Beam under Bending-shear, Structures - Research Journal of The Institution of Structural Engineers, Elsevier, Vol. 10, pp. 89-95.

    3. Uenaka, K. (2018): Concrete Filled Double Skin Tubular Deep Beam Having Outer Circular and Inner Square Sections under Bending-Shear, Structures - Research Journal of The Institution of Structural Engineers, Elsevier, 2018. (Accepted for publication on 31-Mar-2018)


  • 所属学会,協会
    土木学会,日本コンクリート工学会

  • 担当教科
    本科:構造力学I,構造力学IV,情報数値解析,都市工学実験実習,卒業研究
    専攻科:応用構造工学II,専攻科ゼミナールI,専攻科ゼミナールII,専攻科特別研究I,専攻科特別研究II

  • 顧問
    デザコン研究会