教員紹介(一般科)

北村 知徳
KITAMURA Tomonori   メール: TEL:078-795-3288
  • 職名
    准教授  
  • 専門分野
    数学(代数学(計算可換代数、代数的組合せ論))
  • 現在の研究課題と概要
  1. グレブナー基底の理論的有効性と実践的有効性の探究

    グレブナー基底の概念は、1980年代以降、可換代数や組合せ論などの純粋数学の研究 に強い影響を及ぼし、極小自由分解の構造理論や凸多面体の三角形分割の理論などの 飛躍的な発展に貢献している。そこで、純粋数学において既に認識されているグレブ ナー基底の理論的有効性をさらに推進させるとともに、符号理論や整数計画などの応 用数学においてグレブナー基底の実践的有効性を樹立させることが当該研究課題の総 括的な目標である。

  • 研究業績(主要3件)
  1. D. コックス, J. リトル, D. オシー 著, 大杉英史, 北村知徳, 日比孝之 訳, グレブナー基底1・2, シュプリンガー・フェアラーク東京, 2000.
  2. T. Kitamura, The freeness of modules of mixed splines, Scientiae Mathematicae Japonicae 57 (2003), 11 -- 23.
  3. T. Kitamura, Groebner bases associated with positive roots and Catalan numbers, Osaka J. Math. 42 (2005), 421 -- 433.
  • 所属学会、協会
    日本数学会
  • 担当教科
    数学
  • バスケットボール部顧問