教員紹介(一般科)

寺田 雅裕  個人のHPへ
TERADA Masahiro   メール: TEL:078-795-3304,3305
  • 職名
    教授 
     
  • 専門分野
    体育学
  • 現在の研究課題と概要
  1. 競泳におけるレース分析
    水泳は、いかに時間短縮をするかがポイントになるが、ただ単にラップタイムだけでレース分析は
    できない。レースの要素に、スタート局面やスイム局面・ターン局面などを細かく分析することにより
    明確なトレーニングの指標とする事ができる。また、ストローク頻度やストローク長を調べることによ
    り、泳ぎの改善をすることができる。

  1. 身体障害者スイマーの動作分析
    泳ぎの速さが水の抵抗に大きく影響を受けることは一般的に良く知られている。身体障害者にとっ
    て麻痺や間接拘縮などによって、体の形状がもたらす抵抗への影響は大きいと推測される。また、
    身体障害者の水泳競技はMMTなどの機能的な検査と可能な水中動作による検査を基にクラス決
    定され、競技が行われている。この検査には必ずしも形状の抵抗という考えは反映されていない。
    これら選手の形状がもたらす抵抗の度合を解明することによって、抵抗を減ずる身体障害者特有
    の泳技術を発見するとともに、クラス別競技の公平性について考察を行うことができる。                         
  • 研究業績(主要3件)
  1. 増補版保健体育概論
      近畿地区高等専門学校体育研究会編、晃洋書房、200-205、2004
  1. 身体障害者水泳選手における泳動作特性について
      日本水泳科学研究会講演論文集、31-34、2007
  1. 背泳ぎのスタート時の構えが空中姿勢に及ぼす影響
      日本水泳科学研究会講演論文集、77-80、2007
  • 所属学会、協会
    日本体育学会
    日本スポーツ方法学会
    日本水泳・水中運動学会
    日本高専学会
    兵庫県水泳連盟
    神戸市水泳協会
    IBSA世界ユース大会(日本代表コーチ) 2005  
    IPC世界選手権(日本代表コーチ)2006 
    CAN-AMパラリンピックオープン大会(日本代表ヘッドコーチ)2007
    北京パラリンピック(日本代表コーチ)2008
    アジアユースパラリンピック(日本代表ヘッドコーチ)2009
  • 担当教科
    保健体育
  • 水泳部顧問