教員紹介(一般科)

谷口 博
TANIGUCHI Hiroshi   メール:
  • 職名
  • 教授

  • 専門分野
  • 地球物理学(大気科学・地球流体力学)

  • 現在の研究課題と概要
    1. 水惑星実験による季節内振動/熱帯域降水活動の研究

    2. Madden-Julian振動(MJO)として知られている熱帯域季節内振動は,熱帯大気中の季節内の時間スケールにおいて最も卓越する変動である. MJO は,台風/サイクロンの発生や中緯度大気へのテレコネクション(大気海洋中を伝わる波による情報の遠隔伝搬)を通して、 直接/間接的に日本域の天候に影響を与えており, 熱帯域季節内振動の予測可能性の向上は日本を含む中緯度大気の予報精度向上に資すると考えられています. 本研究では, 数値(天気)予報モデルに代表される数値モデルの高解像度化が熱帯域季節内振動の再現性に与える影響についての基本的な理解を得るため, 全球非静力学モデルを用いて地球シミュレーター等のスーパーコンピューター上で数値実験を行い, 地球全体を水で覆う非常に単純化した水惑星条件下での熱帯域の降水活動の振舞いについて調べている.

    3. 兵庫県災害データベースの作成(長岡技術科学大学との共同研究)

    4. 異常気象時事前道路通行規制区間における降雨特性の把握と雨量観測体制の現状評価(国土交通省近畿地方整備局との共同研究. 代表:鳥居教授)

  • 研究業績(主要3件)
    1. Taniguchi, H., W. Yanase, M. Satoh (2010): Ensemble simulation of cyclone Nargis by a Global Cloud-system-resolving Model -- modulation of cyclogenesis by the Madden-Julian Oscillation. J. Meteor. Soc. Japan, 88, 571-591. [link]
    2. Taniguchi, H. and M. Ishiwatari (2008): Eigen modes of a linear shear flow in shallow water on an equatorial β-plane., Nagare Multimedia, 2008. [link]
    3. Taniguchi, H. and M. Ishiwatari (2006): Physical interpretation of unstable modes of a linear shear flow in shallow water on an equatorial β-plane., J. Fluid. Mech., 567, 1-26. [link]

  • 所属学会、協会
  • 日本気象学会, 日本惑星科学会, 日本流体力学会, 日本地球惑星科学連合, 日本自然災害学会, 土木学会
    米国地球物理学連合(American Geophysical Union), 米国気象学会(American Meteorological Society) , 日本地学教育学会

  • 担当教科
  • 物理(3年全学科/6クラス), 応用物理(電気工学科4年), 防災・減災入門(分担・自然現象と災害)

  • 顧問
  • 自然科学部

  • 学外向けの講師
    • 神戸市立須磨北中学校:「放射線を見てみよう」(外部リンク: 2017/02/16)
    • 神戸市立神陵台中学校/宇宙教育講演会(外部リンク: 2014/11/20, 2015/01/23, 2017/12/04, 2018/01/29)
    • 神戸市立神陵台中学校:「放射線を見てみよう」(外部リンク: 2018/09/05)
    • 神戸研究学園都市UNITYわくわく理科教室(2014/08/05, 2015/08/06, 2016/08/02-05, 2017/08/23)
    • 神戸研究学園都市UNITY公開講座「さまざまな”音”」(2016/04/09, 2016/04/23)
    • こべっこランドサイエンスフェスタ(外部リンク: 2013/11/10, 2014/11/08, 2015/11/07, 2016/11/19, 2017/11/18, 2018/11/10)