教員紹介(一般科)

町田 吉隆
MACHIDA Yoshitaka
  • 職名
    教授  
  • 専門分野
    歴史
  • 現在の研究課題と概要
  1. 中国前近代における手工業史

    中国における陶瓷器産業は宋代に大きく発展するが、その後、技術水準、生産量の両面で、景徳鎮窯を中心とした少数の窯場に収斂されてゆく。このような現象は磚瓦生産においても見られる。その背景には官による手工業への介入が関与したことが推測されるが、例えば、保護と収奪が複雑に絡み、その実態は明らかではない。宋代から清代の手工業における個別具体的な事例の解明を通じて、通底する特色の把握を目指す。

  • 研究業績(主要3件)
  1. 江西・吉州窯における陶瓷器生産の展開について
      『立命館史学』10、1989年
  2. 窯神について−陜西・山西の瓷窯を中心として−
      『大澤陽典先生退職記念論集』、1994年
  3. 磚瓦焼成燃料に関する一考察−元代大都の「蓑城」をめぐって−
      『立命館東洋史学』25、2002年
  • 所属学会、協会
    東洋史研究会
    東洋陶磁学会
    日本道教学会
  • 担当教科
    歴史、世界史
  • 弓道部顧問