神戸高専だより 2017年2月

放射線に関する出前授業が実施されました (16日)

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震による福島第一原子力発電所の事故を契機に, 全国でこれまで以上に放射線教育が盛んに行われています. 本校でも毎年3年物理実験において放射線教育を実施する中, 近隣の学校へも「出前授業」というかたちで放射線教育のお手伝いをさせて頂いております. 16日は, 神戸市立須磨北中学校3年生3クラスが1クラスずつ理科実験室に集まり, 霧箱実験(放射線の可視化実験)や, 放射線についての学習を行いました. 須磨北中学校の理科の2名の先生方がサポートをして下さり,実験は順調に行うことができました. 生徒の皆さんは実験準備から非常に熱心に取り組み, 放射線の飛跡に歓声をあげる姿が印象的でした. 「見えないものを必要以上に恐れるのではなく, 正しい知識に基づいて正しく身を守ることの大切さ」の気づきに少しでもつながればと願っています.(一般科理科 谷口博)

授業開始時の様子

授業開始時の様子

霧箱実験の様子1(エタノール蒸気をつくる様子)

霧箱実験の様子1
(エタノール蒸気をつくる様子)

霧箱実験の様子2(放射線の飛跡の観察の様子)

霧箱実験の様子2
(放射線の飛跡の観察の様子)

ページのトップへ

電気工学実験部がロボカップジュニア阪神ブロック大会に参加しました(4日)

電気工学実験部は2月4日(土)に開催されたロボカップジュニア阪神ブロック大会のサッカー競技に参加しました。同競技は、自立型ロボットを使ってサッカーを行うもので、試合で使用できるロボットは選手が自ら組立てたもののみです。本校のロボットの特徴は、回路基板をすべて自作していることです。本年は、すべてのチームのロボットの完成度が高く、本校のチームは残念ながら全国大会へ進出することはできませんでした。次年度に期待します。 (電気工学実験部顧問 佐藤、橋本)

開会式の様子

開会式の様子

試合の様子(右側のチームが神戸高専)

試合の様子(右側のチームが神戸高専)

ページのトップへ