研究テーマ

社会的合意形成の理論と技術に関する研究

河川整備や公園整備,まちづくりなどの事業において,地域住民,NPO,行政機関,専門家等の多様な主体の協働のもとに事業を展開するための合意形成マネジメントの枠組みを構築する.合意形成マネジメントの実践活動を展開しながら,ステークホルダーのインタレスト分析方法,話し合いのファシリテーションやコミュニケーションの手法,プロセス・マネジメントの理論などについて検討している.

地域の風土性をふまえた計画論に関する研究

ある地域における人間と環境とのかかわり方としての風土性をふまえながら,地域マネジメントや社会基盤整備を展開していくための計画論を構築する.特に,神社の空間的配置や地名・伝承にこめられた空間の履歴を読み解き,その成果を環境保全,防災,教育,地域活性化などの具体的実践につなげていくための方法論について検討している.

市民プロジェクトのマネジメント理論に関する研究

市民によるボランタリーな地域活動は,企業などによる営利活動や行政機関による公共事業とは本質的に異なる.そこで,公共空間の問題に市民が自らコミットすることの理論的背景をふまえながら,市民が主体となった環境再生やまちづくりの活動を「プロジェクト」として適切にマネジメントするための理論を構築する.また市民プロジェクトにかかわる土木技術者の倫理の問題についても取り組んでいる.



社会貢献・学会活動


  • 日本学術会議・環境教育の思想的アプローチ検討小委員会,委員(2018年~現在)

  • 日本感性工学会・合意形成研究部会,部会長(2017年~現在)

  • 福田川流域ネットワーク会議,世話人(2017年~現在)

  • 五色沖洋上風力発電適地抽出協議会(事業主体:洲本市),委員(2017年~2018年)

  • 鞆まちづくりビジョン策定(事業主体:福山市),ファシリテータチーム(2016年~2018年)

  • 神戸市垂水区・区民まちづくり会議(実施主体:神戸市),委員(2016年~現在)

  • 福田川クリーンクラブ,顧問(2015年~現在)

  • 宮崎海岸侵食対策事業(事業主体:国土交通省宮崎河川国道事務所),市民連携コーディネータ(2013年~現在)

  • 神戸市立福田小学校ビオトープ再生プロジェクト,コーディネータ(2013年~現在)

  • 神戸市立西舞子小学校ビオトープ再生プロジェクト,コーディネータ(2013年)

  • 佐渡島加茂湖水系再生研究所(カモケン),理事(2013年~現在)

  • 第6回ため池シンポジウムin佐渡,実行委員(2010年)

  • 新潟県佐渡市・天王川自然再生事業(事業主体:新潟県),合意形成マネジメントチーム(2008年~2010年)



主な研究業績

著書


桑子敏雄(編著),髙田知紀,大上泰弘,谷口恭子,豊田光世,前川智美,加藤まさみ,西哲生,百武ひろ子,吉武久美子(著):環境と生命の合意形成マネジメント,東信堂,2017.3.

髙田知紀:自然再生と社会的合意形成,東信堂,2014.2.

天谷賢児,上坂博亨,笠松浩樹,河野英樹,小林久,島谷幸宏,髙田知紀,武田理栄,野地英昭,藤本穣彦,堀尾正靱,吉本哲郎:地域分散エネルギーと「地域主体」の形成―風・水・光エネルギー時代の主役を作る―,公人の友社,2011.11.

論文


吉武哲信,吉田智洋,髙田知紀,桑子敏雄:「合意形成を目指すことへの『合意』」の醸成プロセスに関する研究―宮崎海岸侵食対策事業の初期段階での実践を通じて― ,実践政策学,Vol.4,No.1,pp.47-62,2018.6.

髙田知紀,桑子敏雄:由緒および信仰的意義に着目した神社空間の自然災害リスクに関する研究―和歌山県下の398社を対象として―,実践政策学,Vol.2,No.2,pp.143-150,2016.12.

髙田知紀,高見俊英,宇野宏司,辻本剛三,桑子敏雄:延喜式内社に着目した四国沿岸部における神社の配置と津波災害リスクに関する一考察,土木学会論文集F6(安全問題),Vol.72,No.2,pp.I_123-I_130,2016.7.

宇野宏司,髙田知紀,辻本剛三,柿木哲哉:紀伊半島沿岸の神社における南海トラフ地震の津波被災リスクの検証,土木学会論文集B2(海岸工学),Vol.71,No.2,pp.I_1603-I_1608,2015.11.

宇野宏司,髙田知紀,辻本剛三,柿木哲哉:淡路島沿岸の神社における南海トラフ地震の津波被災リスクの検証,土木学会論文集B3(海洋開発),Vol.71,No.2,pp.I_677-I_682,2015.9.

髙田知紀:自然再生における参加と主体形成,季刊・環境研究,No.176,pp.61-70,2014.12.

髙田知紀,豊田光世,梅津喜美夫,桑子敏雄:法定外公共物の自然再生に向けた「市民工事」の実践とその意義,土木学会論文集F5(土木技術者実践),Vol.70,No.2,pp.56-68,2014.11.

髙田知紀:ESD・地域づくり支援における学びの構造―市民主体の持続的空間マネジメントのプロセスに注目して―,日本福祉教育・ボランティア学習学会研究紀要,Vol.24,pp.61-68,2014.10.

川島隆徳,髙田知紀,桑子敏雄,村井源,徃住彰文:テキスト解析手法を用いた河川文化概念の構造化,情報知識学会誌,Vol.24,No.1,pp.3-18,2014.4.

髙田知紀,豊田光世,梅津喜美夫,桑子敏雄:自然再生における「局所的風土性」にもとづいたインタレスト分析と合意形成マネジメント,日本感性工学会論文誌,Vol.12,No.1,pp.185-192,2013.3.

髙田知紀,梅津喜美夫,桑子敏雄:東日本大震災の津波被害における神社の祭神とその空間的配置に関する研究,土木学会論文集F6(安全問題),Vol.68,No.2,pp.167-174,2012.12.

髙田知紀,豊田光世,佐合純造,関基,秋山和也,桑子敏雄:社会基盤整備における合意形成プロセスの構造的把握に関する研究,土木学会論文集F5(土木技術者実践),Vol.68,No.1,pp.27-39,2012.5.

学会発表


髙田知紀:環境的連続性に起因するプロジェクトの階層構造をふまえた合意形成マネジメント-宮崎海岸侵食対策事業を事例として-,日本感性工学会,第20回感性工学会大会,東京大学,2018.9.

髙田知紀:「インタレストの経時的多様性」に着目したコンフリクト・アセスメントに関する一考察,日本感性工学会,第13回感性工学会春季大会,名古屋大学,2018.3.

髙田知紀:市民プロジェクトのフェーズと協働ネットワーク構造に関する一考察-神戸市・福田川における環境保全を事例として-,日本感性工学会,第19回感性工学会大会,筑波大学東京キャンパス,2017.9.

髙田知紀,近藤綾香:妖怪伝承を知的資源として活用した防災減災教育に関する一考察,第18回日本感性工学会大会,日本女子大学,2016.9.

Tomoki Takada, Mitsuyo Toyoda, Kimio Umetsu, Toshio Kuwako: A Study on the Concept and Method of Process Management for Democratic Nature Restoration Project, 13th Asian Bioethics Conference, Malaysia, 2012.8.

Tomoki Takada, Mitsuyo Toyoda, Kimio Umetsu, Toshio Kuwako: Civil Construction -AnApproach to Community-Based Environmental Restoration-, 5th Annual International Ecosystem Services Partnership Conference, Portland, Oregon, USA, 2012.7.

髙田知紀,豊田光世,梅津喜美夫,桑子敏雄:自然再生に向けての「市民工事」の構想と実践―法定外公共物としての佐渡島・加茂湖での取り組み―,自然環境復元学会第12回全国大会,東京農工大学,2011.11.

髙田知紀,豊田光世,梅津喜美夫,桑子敏雄:使い手としての生活者とつくり手としての技術者の視点が融合した公共空間整備手法に関する考察―佐渡島・加茂湖における「こごめのいり再生プロジェクト」の実践―,日本感性工学会,第13回日本感性工学会大会,工学院大学,2011.9.

髙田知紀,豊田光世,桑子敏雄:河川整備事業における「局所的風土性」をふまえた合意形成プロセスの構築,日本感性工学会,第12回日本感性工学会大会,東京工業大学,2010.9.

Tomoki Takada, Mitsuyo Toyoda, Toshio Kuwako: A Study on the Consensus Building Process for the Ten-noh River Restoration Project on Sado Island, URBIO2010, Nagoya, Japan, 2010.5.

Mitsuyo Toyoda, Tomoki Takada, Toshio Kuwako: Empowering Communities for the Symbiosis with the Crested Ibis, URBIO2010, Nagoya, Japan, 2010.5.

髙田知紀,豊田光世,桑子敏雄:トキの野生復帰に向けた天王川自然再生事業における合意形成プロセスの構築と実践,土木学会,第64回年次学術講演会,福岡大学,2009.9.

講演等


「地域防災と妖怪~風土性のなかの災害リスク・マネジメント~」招待講演,京都大学・災害リスクマネジメント工学(JR西日本)講座・第17回市民講座,2018.9.15.

「風土性と合意形成と市民プロジェクト」招待講演,西神ニュータウン研究会第186回例会,2018.9.12.

「社会的合意形成のマネジメント」招待講演,自然電力株式会社研修会,2018.7.31.

「大規模自然災害と神社」招待講演,愛媛県神社庁神職・総代会合同研修会,2018.2.27.

「神社と自然災害について」招待講演,和歌山県神社総代会研修会,2017.11.29.

「和歌山県における神社空間の自然災害リスク」招待講演,和歌山県神社庁紀北四支部研修会,2017.8.27.

「神々と妖怪の都市空間論」依頼講義,第3回みんなのサマーセミナー,2017.8.5.

「明日,10年後,100年後,1000年後のための“Development”を考える」招待講演,賀川豊彦献身100年記念事業シンポジウム,2017.2.11.

「地域資源をクリエイトするプロセス」招待講演,平成28年度風景街道大学 宮崎本校,2017.1.6.

「神社の配置と地域伝承からみる減災論」招待講演,京都大学・災害リスクマネジメント工学(JR西日本)講座・第11回市民講座「災害リスクを考える」,2016.10.1.

「環境保全と合意形成~協働と主体形成に向けたプロセス・マネジメントの理論と技術~」招待講演,NPO法人豊かな森川海を育てる会・年次総会,2015.5.9.

「座談会・玉津のまちづくりについて」コーディネータ,玉津ふるさと見分けことはじめ,神戸市立玉津南公民館ほか共催,2014.12.6.

「市民の手でつくる豊かな水辺」招待講演,第6回水辺・たるみ交流会,水辺・たるみ交流会実行委員会,2014.2.9.

「東日本大震災における津波被害と神社の祭神」招待講演,第459回構造懇話会幹事会・例会,構造懇話会,2013.6.18.

「自然災害のリスクマネジメントと神社の祭神」招待講演,海岸水理基礎研究会,2013.4.28.

その他


髙田知紀:わざわいと祈りの国土空間,東日本大震災復興・後方支援フリーペーパー『Antena』,Vol.20,NPO法人リスクデザイン研究所,2016.11.

髙田知紀:土木技術者の妖怪論,雑誌『怪』,Vol.40,角川書店,2013.11.

梅津喜美夫,髙田知紀,吉武久美子,桑子敏雄:大規模災害後の持続的な地域社会再構築に向けた合意形成マネジメントに関する研究,高度科学技術社会リスク・ソリューション2012,pp.167-180,2013.3.

髙田知紀,梅津喜美夫,桑子敏雄:自然災害のリスク・マネジメントに向けた空間の価値構造に関する研究,災害リスクソリューションに関する体系的研究2011,pp.111-123,2012.3.

髙田知紀:豊かな川の風景,『風と雲の便り』,京都大学大学院教育学研究科「フィールド委員会」発行,2011.3.

髙田知紀:加茂湖の一目入道,『島の新聞』加茂湖特集記事,2010.7.




Page Top