新型コロナウイルス感染症に関する対応

新型コロナウイルス感染症に関する本校の対応を掲載しています。 同感染症の罹患状況で本校の対応もそれに応じて変化していきますので、必ず定期的に確認するようお願いします。

<< 過去の掲載情報はこちら >>

7月6日(月)から通常授業再開(更新:6月17日)

 本校では、7月6日(月)に本科全学年の登校日を設け、7月7日(火)より通常授業(対面での授業)を再開します。 (専攻科は7月6日(月)より通常授業を再開) 
 また、通常授業の再開に向けた慣らし期間として、6月20日(土)から実施可能 な一部の教育活動(研究活動・課外活動) を再開します。
 詳細につきましては、「通常授業再開に関するお知らせ」 のページをご覧ください。

7月3日(金)まで遠隔授業延長(更新:5月23日)

5月22日に 「新型コロナウイルス感染症対策における神戸市の対応方針 第8弾」が発表され、 神戸市立学校園は6月1日から再開することになりました。 本校は、すでに5月7日(木)から遠隔授業を試行実施していることから、7月3日(金)までは遠隔授業を継続します。 詳細については、後日、webページでお知らせします。

なお、7月3日(金)までの期間は、本校校内での新型コロナウイルス感染症の集団感染を防止する目的で、 引き続き学生の不要・不急の登校は禁止とします。 やむを得ず登校が必要になった場合は、必ず担任(専攻科は専攻主任)に相談してください。 (許可なく登校しないでください。) (担任および専攻主任一覧はこちら)


臨時休業期間中の証明書の発行について(更新:4月13日)

臨時休業期間中の証明書の発行は、郵送で対応することになりました。証明書の申請・交付のためのみの来校は控えてください。 詳しくは、 臨時休業期間中の証明書の発行について のページを見てください。


新型コロナウイルス感染拡大防止対策について

  • こまめで丁寧な手洗いや咳エチケット(咳等の症状がある場合にマスクを着用)などの基本的な感染症対策を徹底すること。
  • 風邪症状がある場合には外出を控え、やむを得ず外出する場合には、マスクを着用すること。
  • 集団感染の共通点は、特に、「換気が悪く」、「人が密に集まって過ごすような空間」、「不特定多数の人が接触するおそれが 高い場所」です。換気が悪く、人が密に集まって過ごすような空間に集団で集まることを避けること。

発熱等の風邪症状がみられるとき

  • 学校への登校は控えてください。
  • 外出も控えてください。
  • 毎日、体温を測定し記録してください。
  • 以下のいずれかに該当する場合は、居住地の保健所または保健センターにご相談ください。
    • 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く場合
      (解熱剤を飲み続けなければならない場合も同様です。)
    • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある場合
  • 医療的ケアが必要または基礎疾患がある場合は、健康観察を徹底し、日々の体調の変化に留意してください。 発熱等の症状があれば、早めに医療機関で受診をお願いします。
  • 医療機関を受診する際にはマスクを着用するほか、手洗いや咳エチケット(咳やくしゃみをする際に、マスクや ティッシュ、ハンカチ、袖を使って口や鼻をおさえる)の徹底をお願いします。