教員紹介(都市工学科)

鳥居 宣之
個人のページ

TORII, Nobuyuki  メール: 

  • 職名
  • 教授

  • 専門分野
  • 地盤工学,斜面防災工学,空間情報工学

  • 現在の研究課題と概要
  • 1)斜面の安定性評価のための崩壊発生機構の解明に関する研究
      地震や豪雨に対する自然斜面ならびに人工斜面の安定性を評価するためには,「斜面がどのような原因・過程で崩れていくのか?」を明らかにし,その崩壊メカニズムを考慮した手法により評価を行うことが重要です.本研究では,現地調査・試験,室内試験などを通して,斜面の崩壊発生機構を解明することを目的として行っています.

    2)斜面災害の発生危険度評価手法の構築に関する研究
      斜面災害による被害の軽減を図るためには,斜面崩壊の発生場所,時間,規模・被災範囲を精度良く予測(評価)し,住民の警戒避難につなげることが求められています.本研究では,斜面崩壊の発生危険度評価手法の構築ならびにその評価精度向上に関する研究を行っています.

  • 研究業績(主要3件)(他の研究業績は,個人のページをご覧下さい.)

    1)鳥居宣之,大西剛史:斜面崩壊危険度評価のための表土層内の降雨浸透過程を簡略化した地下水位算定モデル,土木学会論文集C,67-4,土木学会,pp.441-452,2011.12.

    2)鳥居宣之,余川千咲:限界耐力計算による木造住宅耐震診断のための表層地盤による増幅率算定テーブル,土木学会論文集A1,66-1,土木学会,pp.302-309,2010.04.

    3)鳥居宣之,沖村孝:山腹斜面における地震動応答特性に及ぼす地形形状ならびに表土層厚の影響,土木学会論文集C,土木学会,64-2,pp.369-382,2008.06.
  • 所属学会、協会
  • 地盤工学会,土木学会,日本地形学連合,日本自然災害学会,砂防学会,日本地すべり学会,ASCE

  • 担当教科
  • 本  科:土質力学T,都市工学実験実習(3年),土質力学U,都市工学実験実習(4年),土質力学V,防災工学,卒業研究
    専攻科:都市防災学,地盤防災工学,専攻科ゼミナールT,特別研究T,専攻科ゼミナールU,特別研究U
    (平成27年度現在)

  • 顧問
  • アーチェリー部