教員紹介(電気工学科)

顔写真
南 政孝       (個人のページはこちら)
MINAMI Masataka TEL:078-795-3232
  • 職名

    准教授  

  • 専門分野

    電力変換制御工学

  • 現在の研究課題と概要

    1. 分散型電源の系統連系に関する研究
    2. 圧電素子を用いた振動発電に関する研究
    3. 分散系ER流体に関する研究
    4. 高周波高昇圧比DC-DCコンバータに関する研究
    5. その他 電力変換回路全般
  • 研究業績(査読付き論文)(詳細はこちら
       
    1. 南 政孝, 塩井 太介, 茂木 進一, 道平 雅一, (submitted)
    2. 友枝 功佑, 南 政孝, 中島 康輔, 増田 興司, (submitted)
    3. 加藤 廉, 茂木 進一, 南 政孝, 道平 雅一, 三相電圧形インバータのためのデッドタイム誤差を生じないPWM法の実機検証, 電気学会論文誌D, 138 (5), ???-???, (2018). (accepted)
    4. 安田 匠, 南 政孝, 茂木 進一, 道平 雅一, 5段Cockcroft-Walton回路を用いた高昇圧比絶縁DC-DCコンバータの共振点追従制御, 電気学会論文誌D, 138 (4), 306-312, (2018). (in press)
    5. 澤田 純兵, 茂木 進一, 南 政孝, 道平 雅一, リレーを用いない突入電流防止回路の提案, 電気学会論文誌C, 138 (1), 86-87, (2018).
    6. 南 政孝, 阪部 智城, 茂木 進一, 道平 雅一, パッシブ素子を用いた圧電素子による振動発電の出力電力向上に関する提案, 電気学会論文誌D, 137 (12), 918-923, (2017).
    7. 南 政孝, 安田 匠, 茂木 進一, 道平 雅一, SiCダイオードを搭載したCockcroft-Walton回路における昇圧比の向上および力率と効率の改善, 電気学会論文誌D, Vol. 137 No. 2, 183-187, (2017).
    8. 南 政孝, 伊藤 健, 茂木 進一, 道平 雅一, ダイオードの接合容量を考慮したCockcroft-Walton回路における昇圧比向上および力率改善, 電気学会論文誌D, Vol. 136 No. 12, 991-996, (2016).
    9. 南 政孝, 伊藤 健, 茂木 進一, 道平 雅一, 無負荷Cockcroft-Walton 回路における昇圧比減少の理論的解明, 電気学会論文誌D, Vol. 136 No. 3, 246-247, (2016).
    10. 南 政孝, 引原 隆士, 分散型電源の受動性に基づく目標値追従および系統連系制御手法 - 瞬時電圧低下の耐性について -, 電気学会論文誌D, Vol. 133 No. 7, 685-691 (2013).
    11. 南 政孝, 引原 隆士, 受動性に基づく分散型電源の配電系統連系制御方式に関する検討, システム制御情報学会論文誌, Vol. 25 No. 10, pp. 257-265, (2012).
    12. M. Minami and T. Hikihara, Reconstitution of Potential Function by Power Spectra of Trajectories in Nonlinear Dynamical Systems, IEICE Transactions on Fundamentals of Electronics, Communications and Computer Sciences, Vol. E95-A No. 2, pp. 613-616 (2012).
    13.   
  • 所属学会

    電子情報通信学会, システム制御情報学会, 電気学会

  • 担当教科

    電気計測(電気工学科3年生), 計測工学(電子工学科3年生), 応用数学T(電気工学科4年生)
    工学基礎演習(電気工学科1〜3年生), 専攻科ゼミナールI(電気電子工学専攻1年生)
    電気工学実験実習(電気工学科3年生, 4年生), 卒業研究(電気工学科5年生)
    専攻科特別研究I(電気電子工学専攻1年生), 専攻科特別研究II(電気電子工学専攻2年生)

  • クラブ顧問