都市工学専攻

 神戸市は背後に緑豊かな六甲山系を抱え、温暖な瀬戸内海に面した自然に恵まれた東西に長い地形に街が形成されている。 21世紀に向けた街造りには、自然の恩恵を充分に活用する必要がある。しかしながら、自然環境は土砂災害、地震、高潮などの自然災害の基となり、 また急速な都市化はあらたな災害を生じることにもなりうる。そのために、今後は防災機能を充分に備え、 少子・高齢化社会、福祉社会に対応すべく豊かな自然環境を組み込んだ街作りが必要となる。

 本専攻では、このような観点から防災、自然環境を融合させた従来の土木工学、環境工学を基礎とし、 本科で習得した専門的知見に加えて、自然災害による防災、水圏・地圏における環境保全、自然や市民に配慮した街作りに関連する教育・研究を行うことにより、 自ら課題の発見・解決できる技術者の育成を目指している。

特別研究のテーマ例

  • 土砂の突入によって生じる波の特性に関する研究
  • 淡路島沿岸砂浜の液状化特性に関する実験的研究
  • 自然公園における自然災害被災リスクの空間的特徴
  • 軽量コンクリート二種充填円形鋼管部材の曲げせん断実験
  • 港湾都市における都市構造の特徴に関する研究
  • 交通結節駅周辺における店舗立地状況からみたサードプレイスの現状
  • 神戸市・塩屋地区における住民主導による景観保全の実践構造
  • 年少者の交通実態からみた潜在的な交通需要の把握
  • 角型二重鋼管・コンクリート合成部材の中心圧縮および曲げせん断特性
  • 都市型水害リスクの低減に向けた緑地のあり方に関する研究-神戸市・都賀川流域を対象として-
  • 貝殻を用いたキャピラリーバリアが海浜断面変化に及ぼす影響に関する基礎的研究
  • 神戸市内における棚田環境の抽出とその保全の意義に関する研究
  • 琴引浜の汀線位置の季節変化特性に関する研究
  • 河川堤防の越流破堤に関する研究
  • アンケート調査に基づく観光地における土砂災害の被害軽減方策の提案
  • 花崗岩地域における表土層の形成に及ぼす地形量の評価
  • 表層崩壊規模の推定精度向上のための二層型多平面安定解析手法の改良
  • 明石川河口砂州の形成・消滅要因の検討
  • 画像解析を用いた砕波帯から遡上域における底面近傍の粒子解析と流動計測
  • 「体験」と「実感」にもとづく総合治水普及啓発 のためのツールおよびプログラムの開発
  • 近年の降雨により発生した斜面崩壊と降雨形態の関係
  • 大径厚比を有するコンクリート充填楕円鋼管部材の力学特性
● 過去のテーマについてはこちら

修了後の進路(5年分)

進路

平成31年度

進学先 名古屋大学大学院、University of Michigan
就職先 日揮(株)、(株)オリエンタルコンサルタンツ、NTTインフラネット(株)

平成30年度

進学先 大阪大学大学院(1)
就職先 (株)ウエスコ(1)、(株)オリエンタルコンサルタンツ(1)、大鉄工業(株)(1)、スリーエスコンサルタンツ(株)(1)

平成29年度

就職先 芦屋市(1)

平成28年度

進学先 大阪大学大学院(1)
就職先 国土交通省(1)、日本工営(株)(1)、(株)修成建設コンサルタント(1)、(株)NTTフィールドテクノ(1)

平成27年度

進学先 大阪大学大学院(1)
就職先 農林水産省(1)、兵庫県(1)、神戸市(1)、西宮市(1)、八千代エンジニヤリング(株)(1)、(株)IHIインフラシステム(1)
※ ( )内の数字は実際の人数です。

● 過去の進路についてはこちら

ページのトップへ